LGBTQ+に関する取り組みの一環として、プライド月間に合わせて虹色ロゴに変更しました

当社はLGBTQ+に関する取り組みの一環として、プライド月間の6月1日(土)~6月30日(日)までロゴを虹色に変更します。

■虹色の意味

虹色には、希望、平和といったイメージがあげられます。

LGBTQ+の権利を象徴するレインボーフラッグは元々6色ではなく8色でデザインされ、それぞれの色に思いが込められて考案されました。

赤には生命、オレンジには癒し、黄色には太陽、緑には自然、ターコイズには芸術、紫には精神、ピンクにはセクシュアリティ、藍色には調和といった意味合いがあります。

■当社の虹色ロゴに込めた思い

全ての人が自分らしく生きることができるよう、多様性を尊重する姿勢を社内外へ広く示すために虹色ロゴを作成しました。

オリジナルロゴマークには、「人」をイメージしたオレンジの下部に手描きのデザインを施すことで「ひとりひとりが持っている個性や多様性」のイメージが込められています。

その思いを大切にし、「人のあたたかさ」をコンセプトに、手描きのようなぬくもりを感じられるデザインを採用しました。

プライド月間の象徴的としてあげられるレインボーフラッグの6色を基調に、色と色が重なり6色以外の色が生まれることで、「多様性」を表現しています。

世の中の様々な多様性へ柔軟に応え、すべての人々にどこまでも寄り添う。それは私たちの譲れない想いであり、培ってきた誇りです。

■LGBTQ+に関するLIMNOの取り組み

2023年9月に「LGBTQ+に関する方針」を掲げてから、様々な取り組みを実施しております。

2023年9月 全社員向けLGBTQ+基礎知識研修の実施

2024年3月 対象者別研修の実施(役員・役職者/面接官含む採用担当者/人事/相談窓口対応者)

2024年4月 構内で働くすべての人が利用可能な社内相談窓口開設

2024年5月 全社員向けアライ研修の実施

2024年6月 啓発期間に合わせて虹色社名シール等のアライグッズ配布・装着の呼びかけ、                     啓発ポスターの掲示、LGBTQ+ に関する情報発信による理解促進

当社の経営理念「ひとりひとりにどこまでも寄り添い ときめく未来をデザインします」を体現する取り組みとして、今後も様々な啓発活動を推進してまいります。

PAGE TOP